仕事をしていない潜在的看護師の数は?

潜在的看護師とは、看護師の資格は持っているが、結婚や出産などの理由で辞め、それ以降働いていない看護師や体調不良で休職したが、その後復帰してない看護師のことを言います。
そういった潜在的看護師は、50万人以上いるようです。
近年、看護師不足が問題になっていますが、この潜在的看護師が働くようになれば、看護師不足という問題はなくなるでしょう。
ただ、看護師の仕事は、技術が物を言う仕事です。
技術さえ持っていれば、転職先はいくらでもあります。
ナース人材バンクを筆頭とする転職支援サイトは常に求人があふれている状況です。
ナース人材バンク


こういったサイトを有効利用して少しでも看護師資格を活かせる看護師が増えるといいですね。

薬剤師としての地位が高いアメリカ

特別な資格や知識を持っていると活躍の場もさらに広がりますし、就職の際も高収入、高待遇を期待す
何故、アメリカでは薬剤師の地位が高い水準で確立されているのでしょうか。
そこには「薬剤師が処方箋を出せるアメリカ…医師しか処方箋が出せない日本」の違いがあります。
さらにアメリカの薬剤師は処方箋だけでなく、予防接種などもすることができます。
片や日本の薬剤師は処方箋を出すこともできず…仮に医師の指示なしに処方箋を出した場合、違法行為として罰せられます。
確かに処方箋まで出すことができるからこそ、アメリカの薬剤師の地位が向上したのかもしれません。
私は、日本の薬剤師の地位が低いとは思っていません。
しかし処方箋も出せない現状を考えると、単に「医師の指示を受ける存在」として薬剤師をみる人がいるというのも事実だと思います。

薬剤師の資格の取り方

特別な資格や知識を持っていると活躍の場もさらに広がりますし、就職の際も高収入、高待遇を期待することができます。
医療関係の仕事は医師、看護師など人気の職業が多くありますが、薬剤師もまた人気の高い仕事のひとつです。
薬の知識を豊富に持つ専門家であり、私達が安全に効果的に薬を使っていくためにはなくてはならない存在と言えるでしょう。
病院やクリニックなどの医療機関で活躍できることはもちろんですが、それだけではなく、薬局やドラッグストア、製薬会社、化粧品会社などでも活躍されている方も多くいらっしゃるようです。
そして薬剤師として活躍するためにはまずは資格を取得しておく必要があります。
資格さえあれば、引く手あまた、求人は選ぶほど豊富にあります。
もちろん、人気の薬剤師の資格をとるには、大学の薬学部で学び、その後国家試験に合格する必要があります。

このページのトップへ